• HOME
  • 所長挨拶/スタッフ紹介
所長挨拶/スタッフ紹介

所長挨拶

所長埼玉手外科研究所は1997年に児島忠雄名誉所長によって設立された手外科専門施設です。
設立時のモットーは「地域に足を根ざし、目を世界に向け、手を患者さんに差し伸べる」でした。手は皮膚、神経、血管、腱、骨、関節などさまざまな組織からなる精巧な器官です。適切な治療を行うためには解剖学的知識に加え、整形外科と形成外科、末梢神経外科の専門的な知識と技術が必要とされます。
日本では手の治療は整形外科医によって行われることがほとんどですが、私たちの施設では形成外科医と整形外科医がともに治療にあたることが特色の一つです。設立以来19年間に行われた手術件数は23,000件を超え、手外科研修を受け巣立った医師も海外からを含め40数名を数えます。
これからも手の治療を通じて患者さんの幸福と社会の進歩に貢献するよう努力して参ります。
所長 医学博士 福本恵三
  • 1986年東京慈恵会医科大学を卒業。同大学附属病院で丸毛英二教授の指導を受け形成外科を研修。
    その後同大学形成外科学教室助手となり児島忠雄教授に師事して形成外科、手外科を研鑽した。
    1990年テキサス大学サンアントニオ校ヘルスサイエンスセンター留学。
    1994年手関節の解剖学的研究で医学博士の学位受領。
    1996年東京慈恵会医科大学形成外科学教室講師。
    2000年埼玉手の外科研究所副所長に就任し、以後手外科に専念する。
    2012年〜 現職。
  • 日本手外科学会専門医、日本形成外科学会専門医

    日本手外科学会代議員、日本形成外科学会評議員
    東日本手外科研究会運営委員、埼玉手外科研究会代表、
    日本手外科学会専門医試験委員会委員、日本形成外科学会学術委員会委員

    Honorary Member of Hong Kong Society for Surgery of the Hand、International Member of American Society for Surgery of the Hand、日本マイクロサージャリー学会会員、日本肘関節学会会員ほか
  • 上肢の先天異常、手指の皮膚軟部組織再建、手根管症候群、ヘバーデン結節など。
  • 1) 手根管開放術従来法の合併症とその対策. J MIOS 1996;1:13-8.
    2) 合指を呈する先天異常の分類と治療. 東日本整災会誌 2005;17:564-9.
    3) 外傷性爪変形の治療 PEPARS 2010;44:27-34.
    4) 新鮮腱損傷の診断と治療. 形成外科 2011; 4:731-741.
    5) Dupuytren拘縮の治療. PEPARS 2012;66:61-6.
    6) ばね指に対する腱鞘切開術. 整形外科Surgical Technique 2013;3:86-90.
    7) ヘバーデン結節(手指PIP関節変形性関節症).
    今日の治療指針 2013年度版(Volume55).東京:医学書院, 2013:938.
    8) 皮弁による母指再建術. MB Orthop 2013;26:69-73.
    9) 手の先天異常.今日の臨床サポート.東京:Elsevier Japan KK.2013:
    10) 先天異常手−裂手症.Orthoplastic Surgery 四肢再建手術の実際.
    平瀬雄一、矢島弘嗣編.東京:克誠堂出版, 2013:106-109.

スタッフ紹介

常勤スタッフ

小平 聡
小平 聡
手は機能的に非常に重要であることはもちろんですが、人の目にも触れるため、整容的配慮も必要です。すべての患者さんに、機能的にも整容的にも満足していただけるような治療を目指して、努力し続けて参ります。
  • 2003年  東京医科歯科大学を卒業。同大学附属病院で形成外科を研修
    2006年  埼玉手外科研究所で手外科を研修
    2008年  東京医科歯科大学形成再建外科で手外科に専念
    2010年  埼玉手外科研究所非常勤を兼任
    2011年  東京医科歯科大学形成外科助教
    2012年  より現職
  • 日本手外科学会専門医・日本形成外科学会専門医
    日本マイクロサージャリー学会評議員
    日本創傷外科学会専門医
  • 皮膚・腱・神経・骨・関節・指などの欠損に対する再建
    マイクロサージャリー
    外傷・熱傷などの後天性、あるいは先天性の皮膚・関節拘縮
    手足の先天異常
  • 1) 尺骨神経管症候群17例の検討
    日手会誌 2007;24:185-188
    2)手根管開放術における掌側皮神経ならびに解剖学的異常所見についての検討
    日手会誌 2009;25:845-848
    3)母指CM関節症に対する関節形成術
    Bone Joint Nerve 2013;3:331-335
    4)母指CM関節症に対するSuspension arthroplasty Mathoulin変法の中期成績と問題点
    日手会誌 2013;30:260-262
    5)第4中足骨短縮症
    Orthoplastic surgery 四肢再建手術の実際
    平瀬雄一、矢島弘嗣編. 東京:克誠堂出版 2013:162-165
    6)逆行性指動脈島状皮弁のうっ血と知覚回復に関する検討、および静脈吻合付加の成績
    形成外科 58(1), 85-89, 2015
    7)手外科医に必要な皮弁:逆行性指動脈皮弁の成績
    日手会誌31(6), 1-3, 2015
    8)長母指伸筋腱皮下断裂の治療 腱移行術 or 腱移植術
    日手会誌32,202-205, 2015
    9)尺骨管症候群
    関節外科 35(8), 827-833, 2016
    10)指掌側の皮膚性拘縮に対する皮弁指動脈背側枝を茎としたbilobed propeller flap
    日本マイクロ会誌 29(4), 230-235, 2016
    11)PIP関節屈曲拘縮に対する,観血的関節授動術と,Distraction arthrolysisの比較
    日手会誌 33(4), 514-517, 2017
    12)肋骨肋軟骨移植による手指PIP関節面全置換術における問題点と改良
    形成外科 60(2), 207-215, 2017
    13)足趾移植採取部の治療 植皮とSCIP flapの比較
    形成外科 60(5), 558-564, 2017
    14)不安定性を伴う母指CM関節症に対する横手根靱帯を利用した靱帯再建術の中期成績
    日手会誌 34(2), 43-46, 2017
    15)側頭頭頂筋膜弁と頭部からの分層植皮で手背再建を行った1例
    形成外科 61(2), 216-220, 2018
    16)手指屈筋腱損傷の治療
    PEPARS 134, 33-39, 2018
    17)キーンベック病に対して、大腿骨内顆からの血管柄付き骨軟骨移植により月状骨近位関節面の再建を行った1例
    日本マイクロ会誌 31(2), 103-108, 2018
    18)指尖部切断に対する、改良型の両側Kutler変法
    形成外科 61(8), 1015-1021, 2018
    19)Free Thoracoacromial Artery Perforator Flap for Skin Defects of the Dorsal Hand.
    Tech Hand Up Extrem Surg. 22(2), 68-71, 2018
小池 智之
小池 智之
救命センターを含めこれまでの勤務先では、手の外傷及び外傷後の機能障害を主に治療を行っておりました。形成外科として整容性を求め、手外科医として機能を求める丁寧な治療を目指し努力し続けて参ります。
  • 2006年  長崎大学医学部を卒業
    2006年  横浜市立大学附属市民総合医療センターで初期研修
    2008年  横浜市立大学形成外科に入局し、大学病院を含め関連施設で形成外科医として勤務
    2013年  横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センター 助教
    2015年  埼玉手外科研究所 手外科フェロー
    2016年  横浜市立大学附属市民総合医療センター 助教
    2018年  より現職
  • 日本形成外科学会専門医 日本救急医学会救急科専門医
    日本手外科学会会員、東日本手外科学会会員、日本熱傷学会会員 日本創傷外科学会会員
  • 皮膚・腱・神経・骨・関節・指などの欠損に対する再建
    マイクロサージャリー
  • 1) ばね指腱鞘切開術後の疼痛に関する考察
    日手会誌 2016;33:148-150
    2)手における非結核性抗酸菌症の治療経験
    日手会誌 2017;33:817-820

手外科フェロー

深井 敦大
深井 敦大
  • 2006年  東海大学医学部卒業
    国立病院機構名古屋医療センターにて研修
    2008年  同院整形外科
    2011年  沖縄県立八重山病院整形外科
    2014年  西宮協立脳神経外科病院整形外科
    2017年  高月整形外科病院整形外科
    新潟手の外科研究所病院研修医
    2018年  より現職
  • 日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医
    日本手外科学会会員、日本肘関節学会会員
    日本骨折治療学会会員
玉野井 慶彦
玉野井 慶彦
  • 2013年  広島大学医学部卒業
    沖縄県豊見城中央病院入職
    2015年  横浜市立大学附属市民総合医療センター入職
    2016年  横浜市立大学附属病院入職
    2017年  横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センター入職
    2018年  より現職
  • 日本形成外科学会会員、日本手外科学会会員
    日本マイクロサージャリー学会会員
to page top